おねえ日記
よくいるおねえが好き勝手に語ります


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生誕110周年「ピーターラビット」の新作が出るそうね
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111002-00000011-eiga-movi

Yahoo!上では見事に意見が割れてるわね。

あたしとしては、少なくともオリジナルを出版してきた
フレデリック・ワーンがエマの才能やしてきた事をかって
オファーしてきたわけだし、あたしは何もその新作を
読む前から「そんなのピーターラビットじゃない」とか
「私は読まないです」とかシラける事言わなくても
いいんじゃないの?って思うのよ。

もしかしたらそれこそ最高に素敵な作品になるかも
しれないわけだし。

そもそもそういう可能性が高いからこそ、あの出版社が
わざわざリスクを冒して彼女にオファーしたわけでしょ?

なんかこういう出来事にYESって言うかNOって言うかで、
その人の人生観が垣間見えちゃう気がするの。

オリジナルの作者だからとか、そうじゃないから、とか、
そういう問題ではなくてね。

新しいものにどんどんチャレンジして、新しいものを
積極的に取り入れようとする人生か、過去にこだわって
未来を見ようとしない人生か。

あたしはいやだなぁ。新しい可能性の芽を片っ端から
摘み取って、あの頃は良かった、って嘆いてばかりの
生き方は。

どんな背景があろうと、いいものはいい!って
いつでも喜んで受け入れられる姿勢がある人でいたいものだわ。

=====================================================
三十路おねえ岡真夜のサイト達
おねえが書いた恋愛の教科書-おねえ的恋愛学
オカマの世界の入門書-おねえの世界       
=====================================================
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。