おねえ日記
よくいるおねえが好き勝手に語ります


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小室哲哉がカムバック気味で嬉しいわ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111104-00000331-oric-ent

あたしみたいなアラサーの人達の青春時代には、
必ず彼の曲がいつも側で流れてたと思うの。

いろいろ事件があって、一時は表舞台から遠ざかってた
彼だけど、今回のKEIKOの事で、再び世間から
注目を集める事になったわね。

彼の曲って、すっごくキャッチーで、メインターゲットが
高校生だったり、一時はオリコンの上位5位を
独占したりしてたから、当時の結構音楽業界では
かなり叩かれたりしてて。

でも、時が経って蓋を開けてみれば、彼の音楽のファンって
本当にたくさんいてさ。

あたしはいちファンとして、いろんな事を言われてきた
彼を知ってるから、今のこの状況が本当に嬉しいのよ。

trfとか朋ちゃんの音楽をイメージする人が多いと思うけど、
彼の音楽の振り幅って実は本当に大きいと思うの。

なかでも、当時あたしが最高にカッコイイって思ってたのが、
dosのこの曲。



ちなみに、知ってる人は知ってると思うけど、この
セクシーに踊ってる右側の男が、あのKABA.ちゃん
なんだけどね(笑)。

実際今このPV観ても、やっぱりカッコいいもんね。

いくら当時のアメリカの一流スタッフで固めたとはいえ、
15年経ってもまだカッコイイと思える音や映像を作ることって、
特に邦楽では並大抵の事ではないと思うのよ。

あたしの周りの同世代は、みんな言うわ。
「あの頃の邦楽は本当に輝いてたし、夢中になれた。」って。

あたしも、そう思う。

だから、小室哲哉がまた当時の音楽をさらに進化させて、
再び時代の寵児になってくれたりしたら、邦楽の世界も
また少しは盛り上がるんじゃないかしら?

いろんな背景があってCDも売れなくなった昨今だけど、
そんな事を願わずにはいられない、小室ファンのあたしなのでした。

====================================================
三十路おねえ岡☆真夜のサイト
おねえ的ラブコメ解説サイト-おねえが薦めるラブストーリー
オカマの世界の入門書-おねえの世界 
おねえが書いた恋愛の参考書-おねえ的恋愛学
====================================================
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。